430MHz DG7YBNタイプ 7エレ八木 その4

2016年1月23日記載

経緯
430MHz DG7YBNタイプ 7エレ八木 その1
430MHz DG7YBNタイプ 7エレ八木 その2
430MHz DG7YBNタイプ 7エレ八木 その3

■はじめに
先日製作した、430MHz DG7YBNタイプ 7エレ八木 その3 に対して、共振周波数でのリターンロスを-30dB以下にすることを目標に、ラジエータを構成するダイポール部の形状を変更します。

■変更点
ラジエータのダイポール部の形状
【変更前】
直径3mmのCu製の丸棒
【変更後】
厚さ2mm、幅10mmのアルミ製の平板

■設計データ
【シミュレーションモデルの定義ファイル】
変更内容に従ってシミュレーションデータを定義します。
なお、幅10mmの平板は、半径5mmの丸棒としました。


【指向性パターンの周波数特性】


【VSWRの周波数特性】


■製作
DG7YBN局のオリジナルの 'Blade Dipole' とは、加工の容易性を考えて平板の平面の向きを変えています。
エレメントの寸法
DE
厚さ2mm、幅10mmのALの平板。長さはシミュレーション定義のエレメントの片側長-1.5mm。
DE以外
直径3mmのALの丸棒。長さはシミュレーション定義のエレメントの全長-2mm。
 

■測定
いつもの公園で測定しました。
 

【VSWR】


【リターンロス】
共振周波数は421MHz。リターンロスは、430MHzから431.5MHzの範囲で、-30dB以下です。


2016年1月26日記載
【VSWR シミュレーション vs 実測】


■結果
共振周波数におけるリターンロスを-30dB以下にすることができました。
共振周波数におけるリターンロスを小さくするためには、ラジエータを太くすることが有効です。

TOPに戻る