430MHz DG7YBNタイプ 2エレ八木 その2

2016年1月20日記載

■はじめに
先日製作した、430MHz DG7YBNタイプ 2エレ八木 に対して、共振周波数でのリターンロスを-30dB以下にすることを目標に、DG7YBN局からのメールによるアドバイスに従い、ラジエータを構成するダイポール部の形状を変更します。

■変更点
ラジエータのダイポール部の形状
【変更前】
直径3mmのCu製の丸棒
【変更後】
厚さ2mm、幅10mmのアルミ製の平板

■設計データ
【シミュレーションモデルの定義ファイル】
変更内容に従ってシミュレーションデータを定義します。


【指向性パターンの周波数特性】


【VSWRの周波数特性】


■製作
エレメントの切り出し寸法
No.1 RE 340mm 1本
No.2 DE 152mm 2本 ※調整後の長さ
 

■測定
参考データとして、室内で測定した結果を示します。
【VSWR】


【リターンロス】
429MHzから434MHzの範囲で-30dBを確保できました。


■まとめ
後日、屋外で測定しますが、素性としてはよい気がします。もう少し確認実験をしてから、これまで製作した八木アンテナに展開したいと思います。

2016年1月30日記載

■はじめに
いつもの公園で測定したところ、VSWRが高めでした。そこで今回は、屋外で実績のある7エレと同じラジエータの取り付け構造で作り直すことにしました。

■変更点
・ラジエータの取り付け構造
・ラジエータの取り付け構造の変更に伴うラジエータ長の調整

■製作
エレメントの位置と長さ
   位置[mm]  長さ[mm]    材料など
RE    0      340     直径3mmのアルミ丸棒
DE   137     154*2    厚さ2mm、幅10mmのアルミ平板。
 

■測定
いつもの公園で測定しました。

【VSWR】


【リターンロス】
共振周波数は、433.5MHz。432MHzから435.5MHzの範囲で、-30dB以下です。


2016年2月2日記載

【VSWR シミュレーション vs 実測】
共振周波数はシミュレーションと比べて1MHz高くなっていますが傾向はほぼ同じです。わずかにラジエータが短かったかもしれません。


■まとめ
共振周波数でのリターンロスを-30dB以下を達成することができました。

TOPに戻る