DXチャレンジデー2002


運用日 2002年7月13日12:00 〜 14日12:00
移動地 山梨県北巨摩郡須玉町横尾山中腹担ぎ上げ 標高1750mくらい
運用者 JO1OFA金丸、7L1TIG渡辺
エントリー 1S-14/7L1TIGチーム
システム TR-851(10W)+K1FO-8(自作)+エリートプリ(キット)
電源 JM2GOE清さんのシールドバッテリー(17Ah*2)

430SSB恒例の今年のDXチャレンジデーは、台風が迫る中、無謀にも北巨摩郡の山に担ぎ上げで参加することにしました。エントリーの段階ではいつもの富士山で車中での運用の予定でしたが、今回はJH1CUW角田さんが腰痛のため富士山で運用することとなったため、ここは奮起して山に登ることにしました。
折からの台風の影響で設営時の天候が心配されたのですが、なんとか無事設営することができました。スケジュール開始は同行したJO1OFA金丸さんにお任せして、私は食料と予備バッテリーを担ぎ上げるため、2往復目のために山を下りました。このころになると雨が降り出し、空身なら40分ほどで登ることができるのにバテて1時間近くかかってしまいました。夕方金丸さんが下山して孤軍奮闘となったのですが夜はさらに風雨が強まり、下界から吹き上げる風と横殴りの雨でテントが飛ばされそうで、とてもビームを微調整する気にはなりませんでした。

成果ですが、スケジュール開始直後に浮気して聞きに行った6エリアはよく聞こえました。でも1Sのスケジュール中は浮きが短くてQSOすることは出来ませんでした。8エリアは終始51〜53で入感していましたが、送りが弱くQSO出来ませんでした。でもこの悪コンディションで6と8を除く地域とQSO出来たのでまずまずの出来でしょう。

交信局数(7L1TIGの交信分のみ)

MODE JA0 JA1 JA2 JA3 JA4 JA5 JA6 JA7 JA8 JA9 TOTAL
SSB 2 0 0 9 5 2 0 7 0 0 25

局数の算出にはJI3SRZ作、「HLCOUNT Ver 1.03」を使用しました。


装備品

リグやバッテリー、三脚、テントなど無線設備は背負子で最初に
担ぎ上げ(右)。さらに食料、予備バッテリー、寝袋など居住設備
関連(左)は2往復目に担ぎ上げ。
登り片道1時間近く。とにかく重い、バテバテ。もういや!!
運用スタイル全景

安定性を考慮して重い三脚に、8エレK1FOとエリートプリ。
暴風雨でもなんとか無事持ちこたえてくれた。

ビーム方向は西。
テント内

17Ahバッテリー2個とTR-851(10W)の弱小設備。
さらにアンテナも小型でご迷惑かけました!!!

430SSBに戻る